• SMCaoba

Tokyo 2020 (20210723-0808)

開催の可否をめぐって国内でも大いに紛糾、中止、中止の大合唱

コロナ禍、1年延期、直前まで続いたさまざまな不祥事、多数のボランティア辞退

肥大化した膨大な開催費用・商業主義、五輪貴族・ぼったくり男爵なる言葉、

賛否両論のままついに開催


奇跡的に開催された東京五輪、わずか2カ国を除きほとんどの国が参加、

選手たちにやっと与えられた待ちに待った舞台、手に汗握るパフォーマンス、

すべての競技日程が遅滞なく完遂、

辞退せず最後まで奉仕し続けたボランティアたちの心温まる数々のエピソード


組織委員会、東京都、ボランティアたちの苦労は如何ばかりか

一年延期、すでに結んであったさまざまな契約の取扱、

コロナ禍での五輪という大規模イベントを安心安全に行うため

すべての工程の練り直しなど、想像もできない程に難解な事業

その上で、Tokyo 2020を完遂した実行力・それを支えた粘り強い忍耐

本当に頭が下がる

2度と無いかもしれないパンデミック下での世界のスポーツの祭典

本当に楽しませてもらった

終わった今も五輪関連記事を読みながら、まだ余韻に浸る

ただ、今後はもっと質素な五輪を望む


(東京五輪表彰式コンセプトムービー、Victory Ceremony)

https://www.youtube.com/watch?v=_Hd0VcP5vdU

https://www.youtube.com/watch?v=h_M7KJV2ysA


pictogram performance

https://www.youtube.com/watch?v=I9uVg-feZoM


top moments

https://www.youtube.com/watch?v=NjIU8lSNTy4

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Ultraman Maestro ウルトラマン マエストロ

ウルトラマンシリーズ第2弾 ウルトラマンが指揮する東京フィルハーモニー交響楽団の演奏 その最中に、 バルタン星人が現れ、オーケストラメンバーの動き・演奏をフリーズしてしまう 壇上に上がったバルタン星人とウルトラマンの死闘?が始まり、 最後は、バルタン星人が土下座して詫びるというオチ(笑) 子ども達と正装したオーケストラの大人達が本格的なウルトラマンの歌を披露 何とも斬新な組合わせで生まれた格調高い

ultra seven

かつてよく見た、怪獣を倒すヒーロー番組の主題歌 「セブン、セブン、セブン」で始まり、 「守れ 僕らの幸せを ウルトラホークでアタック」で終わる 改めてこのような動画でこの曲を聴いてみると、 実に、雄大、壮大、格調高い、圧倒される フルオーケストラと大合唱団の構成 ベートーベンの第9が始まるのかと思わせるような景観 コンサート会場のステージにはウルトラセブンも登場し、 かつてのアンヌ隊員、モロボシダ

マリーゴールド(あいみょん)

自宅と診療所の往復、車の中で毎日聴いている 作詞・作曲はあいみょん 自分オリジナルの作曲、それを自分で歌えるなんてうらやましい 私にはその頭は無いので、ただ聴くだけ 五感にうまくフィットするのか、 初めて聴いたときからお気に入りになった 車中ではリピートにセット、飽きもせず聴いている 夏と言わず、秋・冬になっても https://www.youtube.com/watch?v=0xSiBpUdW4