• SMCaoba

Horowitz メモ2(1986年・2度目の来日)

1986年、ホロヴィッツ2度目の来日でのコンサート。

6月21日、28日、7月6日の3回。昭和女子大人見記念講堂。

注目されて大騒ぎだった1983年、初めての来日(NHKホール)では、しっかりテレビ中継もされたが、それに比べて、1986年は静かだった。「83年と違い、今度は聴く価値があるよ」と知人に知らされて、遅ればせながら、7月6日の直前に切符を求めたが、すんなり買えた。86年のコンサートは注目度が低かったせいか、テレビ放送もされず、その様子はYou Tubeでもほとんど見つけられなかったが、やっと貴重なものを発見。


1986年6月28日(音源のみ)

・余談ですが、投稿者のMichael Brownさん・コレステロール代謝経路の研究で、1985年ノーベル医学生理学賞を受賞した方と同じ名前ですね。



1986年7月6日(アンコールでの貴重な動画)・

この動画の撮影位置から見て、私の座席はこの撮影者のやや後方だったような気が


26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Ultraman Maestro ウルトラマン マエストロ

ウルトラマンシリーズ第2弾 ウルトラマンが指揮する東京フィルハーモニー交響楽団の演奏 その最中に、 バルタン星人が現れ、オーケストラメンバーの動き・演奏をフリーズしてしまう 壇上に上がったバルタン星人とウルトラマンの死闘?が始まり、 最後は、バルタン星人が土下座して詫びるというオチ(笑) 子ども達と正装したオーケストラの大人達が本格的なウルトラマンの歌を披露 何とも斬新な組合わせで生まれた格調高い

ultra seven

かつてよく見た、怪獣を倒すヒーロー番組の主題歌 「セブン、セブン、セブン」で始まり、 「守れ 僕らの幸せを ウルトラホークでアタック」で終わる 改めてこのような動画でこの曲を聴いてみると、 実に、雄大、壮大、格調高い、圧倒される フルオーケストラと大合唱団の構成 ベートーベンの第9が始まるのかと思わせるような景観 コンサート会場のステージにはウルトラセブンも登場し、 かつてのアンヌ隊員、モロボシダ

マリーゴールド(あいみょん)

自宅と診療所の往復、車の中で毎日聴いている 作詞・作曲はあいみょん 自分オリジナルの作曲、それを自分で歌えるなんてうらやましい 私にはその頭は無いので、ただ聴くだけ 五感にうまくフィットするのか、 初めて聴いたときからお気に入りになった 車中ではリピートにセット、飽きもせず聴いている 夏と言わず、秋・冬になっても https://www.youtube.com/watch?v=0xSiBpUdW4