top of page
  • 執筆者の写真SMCaoba

Friedrich Gulda in Japan 1994

更新日:2023年1月11日


一度も生演奏を聴けずに終わってしまった

64歳で足を引きずって歩いているが脊柱菅狭窄症?

真の巨匠なのに、一挙手一投足が庶民的でフレンドリー

今は亡きFG


FG紹介のイントロダクション

平均律クラヴィーア曲集 第2巻 BWV885

アリア

(4:22頃)聴衆に「何を聴きたい?」と問う、客席から「アリア!」、

僕の作曲したアリアでいいのかな?」、そしてきらびやかな演奏が始まる


gulda prelude and fuga, for Rico, for Paul with paradise band 

(二人の息子のために作曲した珠玉の小品

ベートーヴェン31番3楽章フーガ、インタビュー

平均律クラヴィーア曲集 BWV849、ベートーヴェン31番1楽章

***************************************

<FG 忘備録>


モーツアルトソナタ II complete sonata II tape

モーツアルトソナタ K545 singular version

自由奔放に演奏

FG、ジョージ・セル、ウイーンフィル ベートーベンPC5:皇帝

(若干36歳にして大家の風格FG、巨匠ジョージ・セル、ウイーンフィルを従えて

FG、エロイカの主題による変奏曲



閲覧数:43回
bottom of page