• SMCaoba

映画鑑賞

更新日:2019年6月30日

映画アラジンを観た。精巧に作られた実写版を映画館の大画面で観るので、まさに自分もそこに存在しているかのよう。昔から知っているシンプルなディズニーアニメから考えると、現代のディズニーの世界もずいぶん変わったもの。時代に即してディズニーもどんどん進化している。魔法のランプから出てきた巨人がとにかく愉快、楽しい。

アナと雪の女王2の予告編も観たが、こちらはアニメと実写が一体化したような映像。

多分これも観に行きそう。私の知っているディズニーランドは東京、米国のアナハイムとオーランド。そして思うのは、人生の味付けである(にすぎない)エンターテイメントにこれほどの広大な土地と莫大なお金をかけて夢の世界を現実に創造してしまう贅沢さ。

人生を豊かにする味付けは・・・やはり大切。

またいつか、もう1回くらい、どこかのディズニーランドに行く事ができるだろうか。

映画だけでなくアラジンのテーマ曲を題材にした演奏もたくさん聴ける。

テンポよく、清々しく聴かせてくれるエレクトリック・ギター

じっくり、じっくり静かに聴かせてくれるギター演奏

こちらのピアノ演奏は確かなタッチでどれも三者三様。名曲は名演奏を生む。

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ultra seven

かつてよく見た、怪獣を倒すヒーロー番組の主題歌 「セブン、セブン、セブン」で始まり、 「守れ 僕らの幸せを ウルトラホークでアタック」で終わる 改めてこのような動画でこの曲を聴いてみると、 実に、雄大、壮大、格調高い、圧倒される フルオーケストラと大合唱団の構成 ベートーベンの第9が始まるのかと思わせるような景観 コンサート会場のステージにはウルトラセブンも登場し、 かつてのアンヌ隊員、モロボシダ

マリーゴールド(あいみょん)

自宅と診療所の往復、車の中で毎日聴いている 作詞・作曲はあいみょん 自分オリジナルの作曲、それを自分で歌えるなんてうらやましい 私にはその頭は無いので、ただ聴くだけ 五感にうまくフィットするのか、 初めて聴いたときからお気に入りになった 車中ではリピートにセット、飽きもせず聴いている 夏と言わず、秋・冬になっても https://www.youtube.com/watch?v=0xSiBpUdW4