• SMCaoba

ラグビーワールドカップ 日本大会 2019

更新日:2019年9月29日

ラグビーワールドカップが日本で開催され、各地で熱戦が展開している。

残念ながら自分でプレイしたこともなく、詳しいルールも知らない。

大男たちが小さな楕円形のボールを小脇に抱えて、

相手陣のインゴールまで運び込む「トライ」が目的だ。

たったそれだけのために、15人のチームメートが一丸となる、

ものすごいパワー、スピード感、連帯感。

ラグビーでよく言われる「one for all, all for one」

トライという一つの目的を達成するために、それぞれの選手が皆のために働く。

この考え方は、すべての仕事に通じます。

余談ですが、2週間ほど前、諸用で和歌山へ出かけた際、

ナミビアのラグビーチームと同じ飛行機に乗り、同じホテルに宿泊しました。

ワールドカップ開幕直前の調整で和歌山を訪れたとの事ですが、

これも一つの御縁、ナミビア・・日本の次に応援しています。

https://www.youtube.com/watch?v=y8zMe9wL5Sk 日本vsロシア

平原綾香さんの荘厳な「君が代」に対し、軽快で楽しいのはこちらです。


https://www.youtube.com/watch?v=NU83eebqp5I ナミビアvsイタリア


今話題のこちらもいいね!! 


追伸:日本vsアイルランド(19対12)

優勝候補の一角、アイルランドを後半は圧倒して勝利、ドキドキしながら見ました。

これで一矢報いて、対戦成績は1勝9敗に。

日本チームが進化したんですね。


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Ultraman Maestro ウルトラマン マエストロ

ウルトラマンシリーズ第2弾 ウルトラマンが指揮する東京フィルハーモニー交響楽団の演奏 その最中に、 バルタン星人が現れ、オーケストラメンバーの動き・演奏をフリーズしてしまう 壇上に上がったバルタン星人とウルトラマンの死闘?が始まり、 最後は、バルタン星人が土下座して詫びるというオチ(笑) 子ども達と正装したオーケストラの大人達が本格的なウルトラマンの歌を披露 何とも斬新な組合わせで生まれた格調高い

ultra seven

かつてよく見た、怪獣を倒すヒーロー番組の主題歌 「セブン、セブン、セブン」で始まり、 「守れ 僕らの幸せを ウルトラホークでアタック」で終わる 改めてこのような動画でこの曲を聴いてみると、 実に、雄大、壮大、格調高い、圧倒される フルオーケストラと大合唱団の構成 ベートーベンの第9が始まるのかと思わせるような景観 コンサート会場のステージにはウルトラセブンも登場し、 かつてのアンヌ隊員、モロボシダ

マリーゴールド(あいみょん)

自宅と診療所の往復、車の中で毎日聴いている 作詞・作曲はあいみょん 自分オリジナルの作曲、それを自分で歌えるなんてうらやましい 私にはその頭は無いので、ただ聴くだけ 五感にうまくフィットするのか、 初めて聴いたときからお気に入りになった 車中ではリピートにセット、飽きもせず聴いている 夏と言わず、秋・冬になっても https://www.youtube.com/watch?v=0xSiBpUdW4