• SMCaoba

ショパン バラード第1番・羽生結弦

更新日:2020年2月9日

2020年2月 フィギュアスケート男子4大陸選手権

羽生結弦選手が会心のショートプログラム(SP)を演じた。

曲はショパンのバラード第1番

過去にも、2014-2015シーズン、2015-2016シーズン、2017-2018シーズンのSPで

この曲を採用している。振付はカナダのジェフリー・バトル氏が全て担当。

出だしから4回転サルコウまでと、終盤のステップから終了まではほぼ一緒だが、

その中間部の演技構成はシーズンによって異なっているようだ。

2020年4大陸選手権SP

2018年平昌五輪SP

一方、ピアノは毎シーズンとも同じ演奏と思われる。

誰の演奏か不明だが全曲を通して聴いてみたい。

実は、患者さんで羽生選手の大ファンがいる。彼の話が始まると夢中になって大絶賛だ。

羽生選手は、自ら東日本大震災で被災しながらも、フィギュアスケートができることについて感謝の気持ちを忘れず、また、たくさんの収益を被災地に寄付している、

演技の美しさと相まって羽生選手の全てがお気に入りのようだ。私も同意!

羽生結弦・スペシャル対談


4大会分の演技構成をを比較したこんな動画がありました。

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ultra seven

かつてよく見た、怪獣を倒すヒーロー番組の主題歌 「セブン、セブン、セブン」で始まり、 「守れ 僕らの幸せを ウルトラホークでアタック」で終わる 改めてこのような動画でこの曲を聴いてみると、 実に、雄大、壮大、格調高い、圧倒される フルオーケストラと大合唱団の構成 ベートーベンの第9が始まるのかと思わせるような景観 コンサート会場のステージにはウルトラセブンも登場し、 かつてのアンヌ隊員、モロボシダ

マリーゴールド(あいみょん)

自宅と診療所の往復、車の中で毎日聴いている 作詞・作曲はあいみょん 自分オリジナルの作曲、それを自分で歌えるなんてうらやましい 私にはその頭は無いので、ただ聴くだけ 五感にうまくフィットするのか、 初めて聴いたときからお気に入りになった 車中ではリピートにセット、飽きもせず聴いている 夏と言わず、秋・冬になっても https://www.youtube.com/watch?v=0xSiBpUdW4