医師・スタッフ

小口院長 <外来診療・訪問診療>・・患者さんおひとりおひとりが私の専門です

 

皆さま、こんにちは。

横浜市青葉区奈良「わかたけの杜」の一角に「サンメディカルクリニック青葉」を開設し診察を担当しております。

サンメディカルのサンは「SAN」、家族の名前のイニシアルを語呂良く並べて命名しました。

どなたにもオープンな通常の「外来診療」と、通院できない患者さんのためにご自宅まで出かける「訪問診療」の2つをバランス良く担っていきます。外来診療から訪問診療へもスムーズに移行することができます。

ここに当院の最も大きな特徴があります。在宅での看取り、ターミナルケア実績も豊富です。

診療方針は「患者さんとご家族に誠意を尽くすこと」。

患者さんの訴えに耳をよく傾け、患者さんの生き方、家庭環境、社会的、経済的背景などを踏まえ、その方にとって最良の治療を選択できるよう常に学び続けるプロフェッショナリズムが必要と考えています。内科、循環器科、外科など、様々な専門医資格が標榜される今日ですが、おひとりおひとりの「患者さん専門医」として、その方にとっての一番の専門医となり、良い医療・良い生活を実現できているのか、十分に誠意を尽くしているのか、常に自分に問いながら皆様から信頼される存在になれるよう頑張って参ります。

どうぞ宜しくお願いいたします。           理事長・院長 小口朝彦

 
 

長野県出身(高校卒業まで八ヶ岳、蓼科山のふもとで過ごしました)

東京医科大学卒業、関東逓信病院 (NTT東日本関東病院) 内科研修医・代謝内分泌内科専修医、自治医科大学循環器内科講座助手、横浜総合病院内科部長、聖路加国際病院附属クリニックを経て、平成23年サンメディカルクリニック開設。

平成27年サンメディカルクリニック青葉に移転。内科一般外来、訪問診療、特別養護老人ホームの健康管理などに従事。

青葉区医師会では在宅医療介護保険委員会にて在宅医療充実のため日々活動を継続中。

米国内科学会日本支部では、HPPC(Health and Public Policy Committee)に加わり委員会活動を開始。

 <プロフィール> profile(E)、 profile(etc)、 profile(etc2) 

 <業績> 基礎系臨床系科研症例報告

米国内科学会上級会員/フェロー(FACP)

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

日本循環器学会認定循環器専門医

日本糖尿病協会療養指導医

協力難病指定医(神奈川県)

厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会修了 (国立病院機構災害医療センター)

昭和大学客員教授

医学博士(自治医科大学)

米国エモリー大学循環器内科 リサーチフェロー(ジョージア州アトランタ)

第5回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成

 

<所属学会など>

青葉区医師会(在宅医療介護保険委員会)

日本内科学会               

日本循環器学会

日本糖尿病協会

米国内科学会(American College of Physicians) 

米国内科学会日本支部(Health and Public Policy Committee)

 
写真 (7).jpg

開業にあたり聖路加国際病院日野原重明先生より色紙を頂きました。

 

志村医師<外来診療・訪問診療>

 

横浜総合病院・泌尿器科部長・腎センター長

米国ベイラー医科大学

北里大学非常勤講師

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医

日本泌尿器科学会泌尿器科指導医

日本透析医学会透析専門医

日本性機能学会専門医

山本医師<外来診療>

 

JCHO東京高輪病院 循環器内科・管理部長

日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医

日本循環器学会専門医

日本心血管インターベンション治療学会・専門医・指導医、関東甲信越支部運営委員

日本救急医学会ICLSインストラクター・ディレクター

日本プライマリ・ケア連合学会認定医指導医

東邦大学医療センター 大橋病院客員講師

 
小林医師<訪問診療>
 
日本循環器学会循環器専門医
日本インターベンション学会認定医
 
 
 

スタッフ<医療事務員・看護師・医療相談員>

 

スタッフは、常勤、非常勤ともに全員女性です

患者さま・ご家族さま・訪問看護師・ケアマネージャー・老人施設・薬局・病院地域連携室とのパイプ役です

クリニックの顔であり、同時に、縁の下の力持ちでもあります

​クリニックの医師を助け外来診療、訪問診療など、さまざまな業務を効率的に担っています

訪問看護師でケアマネージャーの経験も豊富な、在宅医療を熟知した医療相談員が随時ご相談を承ります

子育て中のママさんが多く、お互いに配慮しつつ仕事と家庭を両立させています(土日祝・休み)

レセプト期であっても、てきぱきと仕事をこなし、ほぼ残業なくそれぞれの定時で帰宅しています

昼食休憩は竹林をバックにリラックスして過ごします

全員が、雨にも負けず、風にも負けず、日々車で通っています